早苗コラム

7期目の永田町から 平成27年1月~平成29年9月

2016年05月26日

「平成28年経済センサス-活動調査」の実施

 総務省は、経済産業省と共同で、本年の6月1日を調査期日として、「平成28年経済センサス-活動調査」を実施します。

 経済センサスは、「企業版の国勢調査」というべきもので、日本全国の全ての事業所・企業の実態を把握する調査です。
 平成21年の基礎調査を皮切りに開始され、平成24年の活動調査、平成26年の基礎調査を経て、今回が4回目の実施となります。

 経済センサスの最大の強みは、各市町村の経済構造を表したデータが整備できる点だと思います。

 月次調査などの抽出調査は、速報性がある反面で、各市町村のデータを整備できるほどの標本数が確保できず、どうしても全国結果や都道府県別の結果しか集計できません。

 しかし、地方創生を考える上では、地域の経済構造を把握することが不可欠です。
 昨年、太田総務大臣補佐官に主導して作成していただいた「地域の産業・雇用創造チャート」の基データも、経済センサスを利用しています。

 「平成28年経済センサス-活動調査」は、今月下旬から調査票の配布が始まります。

 今月16日には、広報を担当してくださるキャスターの草野仁さんと皆藤愛子さんのお2人をお迎えして、記者発表会が行われました。
 お2人が出演するCMをテレビで目にしていただく機会も増えてくると思います。

 経済センサス-活動調査の御回答をよろしくお願い申し上げます。

 (平成28年経済センサス-活動調査キャンペーンサイト)
 http://www.e-census2016.stat.go.jp/

 尚、4月に熊本地震による被害を受けた一部の市町村では、調査を一時休止しています。
 先ずは住民の皆様の生活再建が最優先の中で、調査にご対応いただくことは困難だと判断したからです。

 しかし、熊本地震後の各市町村の経済状況は、復興の礎として大切な情報になると思います。休止した調査については、自治体とよく相談させていただいた上で、改めてお願いさせていただく予定です。

Copyright (C) 2006 - 2017 Sanae Takaichi All Rights

自由民主党奈良県支部連合会
自民党